2005年03月21日

心理学的財布を利用する

「心理学的財布」とは、どっかの大学の先生が考えた概念で、「人間には、実際の財布の他に、心理学的な財布があり、これによって、安いか高いかという判断が生まれる」という理論だそうです。

こういう書き方をするとややこしい感じですが、日常よく感じていることなので、具体的な例を挙げてみますね。

たとえば、同じ500円のハンカチを買う場合を想像してください。

  • 三越デパートのハンカチ売り場においてある500円のハンカチ
  • 100均なのに500円のハンカチ

1,の場合、高級店においてある品物なのに500円なんて「安い」と感じ、2,の場合、100均のくせに500円なんて「高い」と感じると思います。

同じ、500円のハンカチなのに、周りに売っている物によって、高くも安くも感じてしまう。
これが、心理学的財布という奴なのだそうです。

アフィリエイトで商品を紹介する際に、この辺を考慮に入れると、売上げアップになるかも♪

たとえば、自分が一番売りたい商品が5,000円だとしたら、その周囲に配置する比較商品は意図的に10,000円くらいの物にしてみる。
すると、それを見た人は、10,000円の物と比較されるくらいの物なのに、5,000円とはお買い得だ!
って思うかもしれませんよ(笑)

posted by こっそり at 10:02| Comment(12) | TrackBack(1) | 儲かる小技&心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。いつも見てます。

それは「松竹梅の法則」ってやつですね?

私は花屋なんですけど、
お墓の前で売るお花は3種類作っていきます。
松(¥2000)竹(¥1200)梅(¥800)って。
竹と梅だと竹が全く売れないのに、松を4束くらい横に置いておくと竹も売れるんです。
オモシロいですよね〜。

Posted by はな at 2005年03月21日 11:33
aflさん乙です。
心理学的財布、面白いですよね。
考え方によっては安い売り場にある500円のものが、人目を引く場合もありますよね。
(それを買う人は高級感に包まれます)
しかし、高い売り場にある、500円のものは
人目を引くけど、買いたくなくなります。

千差万別に対応できるサイト作りは難しいのでやはりテーマに沿うのが大事ですよね。

P.S
パチンコ屋に入ると、金銭感覚がおかしくなるのは私だけですか?外食するのに1000円で渋るのに
サンドには惜しみなく10000円入れてしまいます。
Posted by mania at 2005年03月21日 12:05
こんにちは〜
今日も書き込みさせていただきますね。

ふむふむ、なるほど。
心理学的財布というのはなかなかおもしろい発想です。
これはバーゲンでも同じことですかね。
常に高いものがそれ以下の価格で「期間限定」で買える。だからみんなも急いで買う。と

そういえば付加価値の逆転って知ってますか?
チョコレートを買ってついてくるおもちゃのはずがおもちゃを買うためにチョコレートを買う。
というような目的と手段が入れ替わるものです。
これも利用してセット販売とかしてみるのもいいかもしれないなぁと見ながら思ったりしました。
Posted by 和葉 at 2005年03月21日 13:07
心理学的財布。面白いですね
なるほどなぁ〜って感心します

僕も今、心理学的にアフィリエイトに取り込んでいるんで、参考になりますね
Posted by sky at 2005年03月21日 14:06
はなさん、こんにちわ!
松竹梅の法則っていうんですね〜
勉強になりました!

やはり、リアル店舗では、商品陳列一つで売れ行きが変わってくるんですね。
ってことは、アフィリエイトにも効果有りかな?
Posted by afl at 2005年03月21日 18:03
maniaさん、こんにちわ
なるほど、逆の例も起こりえるわけですね〜。

パチンコ屋の例、ウケました(笑)
Posted by afl at 2005年03月21日 18:04
和葉さん、いつもどもです〜
付加価値の逆転、よくおまけ付きのお菓子などで見かけるアレですね!

アフィリエイトの場合、自分で付加価値を付けるのは難しいのですが、この辺うまいこと出来るとおもしろくなるかもしれませんね。
Posted by afl at 2005年03月21日 18:08
skyさん、どもです〜
心理学的手法研究中ですか!?

考えがまとまりましたら、是非教えてくださいね〜
Posted by afl at 2005年03月21日 18:10
aflさん、こんにちは〜^^
またもや面白いお話なので乗っからせて頂いてしまいました(^^;

人の心理って本当に面白いですよね。
例えばいくらよい機能を兼ね揃えたジャケットでも
普通のお店で15000円だと「う〜ん」と唸り、アウトドア系のショップで同じ値段なら「安い」とか(笑)
周りに置いてある他のアイテムの平均値段に左右されているんですよね、きっと。。。
(↑自分の行動パターンを想像中w)
Posted by Berry at 2005年03月22日 10:04
aflさん、こんにちは(^^)/

心理と関係ないかもですが、
僕は99でC1000タケダ6本セットが99円と
勘違いし、レジに持っていき、
600円だと言われた時は恥ずかしさを隠そうと
そのまま買った事あります。

あれって99の戦略・・・?(・ω・)
Posted by ハテナー at 2005年03月22日 10:28
Berryさん、こんにちわ。
記事の方読ませていただきました。
小さなネタを、うまいこと拡げていただいてうれしい限りです!

Berryさんが、記事後半で言われている辺り、実はまさに僕の今悩んでいるところです。
いわゆる「ブランド化」という奴になるのだと思うのですが、これが自分で構築できるともう一段階上に行けると思うのですが、なかなか。。。
Posted by afl at 2005年03月22日 11:01
ハテナーさん、こんにちわ。
それは、きっちり99の戦略にやられましたね(笑)
600円って書いてあったら、あまり買う人もいないだろうということなのでしょうか。

ちょっとセコイけど、この手はアフィリエイトで使えるかも・・・?
Posted by afl at 2005年03月22日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

購買心理?
Excerpt: 「アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)」様で 「心理学的財布を利用する」という興味深い記事を拝見させて頂きました 「同じ金額の物なのに売っている場所が違うと安く(高く)感じる」 という事で例..
Weblog: 日々お勉強中。
Tracked: 2005-03-22 09:42
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。