2005年03月28日

あえて中小のブログを利用する

株式投資の世界には、「人の裏道に華の道有り」という格言があります。

要するに、みんなが「こっちだ!」ってなった時には、その裏道にこそ成功のタネがあるということです。

バブルの末期を思い出してみて下さい。
やれNTT株だなんだといって、世の中みんなが「株、株!」って言い始めたちょっと後、バブルがはじけて株価は急落。
儲かったのは、みんなが騒ぎ出す前から仕込んでいた人と、あのときに、空売りしてた人だけですよね。

人と同じじゃ・・・

さて、アフィリエイトの世界にも同じ事が言えます。

「みんなと同じ事ばかりしていても、儲かりません」

もちろん安易に「人と逆のことをすればいい」と言うことではありませんし、時流に乗ることは大事なことです。
この記事で書いたように、まず目標を明確にし、それと照らし合わせてホントに効果が上がるかを考える必要があります。

さて、今回はこのことをブログサービス選びにあてはめてみることにします。
実は僕がこのブログをSeesaaで開設した理由は、この辺にあります。

当時、アフィリエイトが可能なフリーのブログで有名どころといえば、livedoor&JUGEMであり、かなり多くの方がこの2つを利用していました。
普通なら無難に、利用者が多いところを選びたいところです。
なんとなく、その方がいいような気がしたのも事実です。

でも、ちょっと考えました。
「そんな中、始めたばかりの僕が混じっても埋もれちゃうだろうなぁ」って。
そこで、ちょっとマイナー系のブログということでSeesaaを選びました。

今では、この便利さが知れ渡ってきたのでSeesaaにはかなりのアフィリエイトブログがあり、この点ではSeesaaを選ぶメリットはないように思えます。

でも、大丈夫です。
こうなったら、もっとマイナー系で攻めれば問題有りません(笑)

マイナー系を利用する一つメリットですが、長くなったので次回の記事で〜。

posted by こっそり at 13:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ブログ選び&カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい、maniaです。
まさにmaniaもそうです。今、アフィリエイト対応のブログではこの手のサイトはごまんとあります。そこで私はgooを選びました。(ブログアフィリエイトにここまで本腰入れると思っていなかったのが本音ですが・・)
今後、gooでも常時アフィリエイト対応になってもらえればなんとか古株になれるかな?ってかんじです。何でも「目の付け所」大事ですよね。
Posted by mania at 2005年03月28日 16:57
 こんにちは。私は今、メジャーカテゴリーの中からマイナーなニッチを探すということをテーマにアフィリエイトのネタ探しをしています。
 ブログというメジャーになりつつあるメディアの中で、マイナー系を利用するのも、ニッチと言える気がしますね。
「寄らば大樹の陰」なんていいますが、アフィリエイトの世界では、大樹に寄っていたのではなかなか日の目を見ることができないですから、むしろ「あえて鶏頭となるも牛後となるなかれ」という心構えでいたいものです。
Posted by 霧○ at 2005年03月28日 16:58
maniaさん、無事帰宅いたしました〜。
gooは使っている人が多い割に、アフィリエイトしている人は少ないでしょうから、gooのトップからのアクセスを稼げば、結構良質なアクセスが期待できそうですね。
そこまで、考えているとはさすがですね!
Posted by afl at 2005年03月28日 20:05
霧○さん、こんにちわ!
ニッチ市場においてトップグループにはいることが出来れば、かなり多くの成果が期待できそうですね。
まさに、その辺に「選択のセンス」が問われることになりますが、うまいことあたればデカイですからね〜。
Posted by afl at 2005年03月28日 20:08
応援してます 1位になって
Posted by 麗子 at 2005年03月29日 03:05
麗子さん、応援ありがとうございます。
いやー、何故か僕っていっつも2番とか3番なんですよね(笑)

こればっかりは、見てくれるみなさまの気持ち次第なので、僕はこれまで通り役に立つ情報を書き続けるしかないのですが。。。

「自分の力」でいろいろできるのってうらやましいですね(毒)
Posted by afl at 2005年03月29日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。